7月のご予約について →詳細

なぜ「腰痛には腹筋」と言われるのか

腰が慢性的に痛くって…

腰が痛いのはカラダの前後のバランスが悪く腹筋が弱いからです。

なので腹筋を鍛えましょう!

そんなことを聞いたことはありませんか?

これは半分正解で、半分間違いです。

腰痛には多くの症例がありますが、腰痛を訴える方の約85%は、診断名のつかない「名前のない腰痛」と言われています。
ただし今後、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などの引き起こす可能性もありますので、すでに腰痛を持っている方は油断はできません。

腹筋の代表「クランチ」

腹筋の代表的なエクササイズは「クランチ」でしょう。

クランチは非常に優秀なエクササイズではありますが、筋肉が働く順番が大切です。

インナーマッスル=関節を安定させる
↓↓
アウターマッスル=関節を動かし力を発揮

腹直筋は比較的外側にある筋肉(アウターマッスル)です。
一方、腹横筋は深層に付着する(インナーマッスル)です。

インナーが働き関節を安定させてから、アウターで身体を動かす。

これがカラダの負担を軽減させる使い方です。

うまくインナーマッスルが働かない人がクランチを行なってしまうと、腰に負担がかかることになり、腰痛をさらに悪化させる場合があります。

しかし、日頃の生活で意識してこの順番で動かすということはとても難しいことです。
だからこそ正しいトレーニングが必要になります。

腰痛対策に最も重要な筋肉は「腹横筋」

腰痛を引き起こす原因の一つとして「姿勢不良」が挙げられます。

この姿勢を正すために「腹筋」は確かに必要ですが、多くの方が「腹直筋」と勘違いしてしまいます。

ここで必要になってくるのは、「腹横筋」と呼ばれる筋肉です。

腹横筋は背面から付着しており、腹部を左右から取り巻いてくれている筋肉です。
上半身や下半身を動かす際に、まず一番初めに動く筋肉がこの腹横筋です。

インナーマッスルの中で最も重要な筋肉と言っても過言ではありません。

インナーユニットを働かせる

腹横筋は、[横隔膜/骨盤底筋群/多裂筋]の三つの筋肉と物理的に繋がっており、インナーユニットとして背骨の安定に貢献してくれます。

腰痛に腹筋が必要だと言われる理由はこのためです。

この4つの筋肉を適切に働かせることが腰痛改善には最も重要なことだと言えます。

腹横筋のリリース

□Suitableパーソナルジム代表
□パフォーマンス向上スペシャリスト
□パーソナルトレーナー
□コンディショニングトレーナー
□国際東洋医療専門学校 特別講師
□武術太極拳 日本代表(2016~2022)
□立命館大学卒